FC2ブログ
医療保険適用(要医師同意書)の在宅療養マッサージとこども通所支援サービス(放課後等デイサービス&児童発達支援)を行っている会社を経営しています。日々の想いや、ビジネスに関する事などを綴っていきます。
理不尽を経験してきたから
先週のスタッフブログのテーマ=『解放感』

スタッフブログ
新スタッフブログ

webページ
自立援助協会しんがくどう





普段から他人に縛られることはないんですが

常に仕事の重圧からは縛られており…

それは寝ても覚めても

例え休日であろうと国外にいようと

無くなることはなく

解放感を感じることがないといっても過言じゃないですね。

でもそれが苦痛かと聞かれれば

苦痛ではないんですよね。

それを覚悟しているからとか綺麗ごとじゃなく

全然何とも思わないんです。

それは最初(独立したと)からですね。



我々の世代以前は

学校でも縦社会の理不尽さ

スポーツをやっていても

一方的な縦社会。

特に私が生まれ育った佐土原という町は

それが顕著だった土地だと思います。

家庭でも理不尽を味わっている人が多く

小さい頃から精神的に鍛えられていたから

少々のことじゃ解放されることがなくても

耐えられる精神ができたんじゃないかと思うんです。



耐えられるということは我慢できること。

我慢できるということは

真摯に向き合うことができること。

とも換言できると思います。

理不尽さを感じているときには

微塵にも思わなかったですが

今となればその経験に感謝ですね。




一応、今回の投稿で

このブログへの書き込みは終了します。

次回からはスタッフと同じブログに投稿しますので

懲りずにまた読んで下さい。

新しいブログです。↓
http://blog.livedoor.jp/miyato_3810/






スポンサーサイト



テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

ブログ移行のお知らせ
私のブログ、スタッフブログをまとめます。

しんがくどうの療育の様子などは

これまで通りしんがくどうのブログにアップしていきます。

新しいブログはこちら↓です。
みやとブログ


今後も何卒よろしくお願い申し上げます。






時には梅雨のように
先週のスタッフブログのテーマ=『梅雨』

スタッフブログ
自立援助協会
しんがくどう(宮崎)
しんがくどう(福岡東)

webページ
自立援助協会しんがくどう



来週ぐらいには宮崎も梅雨入りでしょうか。

梅雨時期はジメっとして蒸し暑いし

好きか嫌いかと聞かれると

嫌いと答える人の方が多いのかな…。

私も個人的には嫌いですね。

ただこの梅雨を必要としている人達もいて

農業を営む人なんかは特にそうじゃないでしょうか。



人の心理も時には悲観的になったり

梅雨みたいにジメっとすることがありますが

農作物と同じでそういう時も必要なのでは?!

と私個人的にはそう思うんです。

なかなか四六時中365日前向きに

って人はいないと思うんです。

私は比較的周りから楽観的に見られがちですが

結構悲観的になる時間あります。

基本的に会社に居る時にはなりませんが

例えば出張中のホテルの部屋であったり

自宅のベッドの上であったり…。

ただ何日も持ち越すことはなく

短時間で回復はします。

というよりも無理やりにでも回復させます。

そして回復したことで

勝手に成長を感じています。

というのも常に楽観的でいると

壁を乗り越えるという感覚を

感じにくいのではないかと思うんです。

たまには悲観的になって

それを乗り越える感覚を得た方が

自身で成長を感じ取れていいんじゃないかなと

勝手ながらそう思っています。




来週からブログ形式を変えます。

HP上やここで引っ越し先等お知らせします。



講義の難しさを体験できた!?
先週のスタッフブログのテーマ=『五月晴れ』

スタッフブログ
自立援助協会
しんがくどう(宮崎)
しんがくどう(福岡東)

webページ
自立援助協会しんがくどう




先週の土曜日は

宮崎のスタッフと福岡のスタッフと

全社員のMTGを行いました。

各スタッフにフリーテーマで講義を考えてもらい

当日くじ引きで全員の前で発表してもらう

というスタイルを時間の半分取り入れました。



普段は講義を受けるだけで

やる側に立ったことがない人がほとんどで

まず講義のテーマを決めることからして

大変な作業ではなかったかと思います。

しかも制限された時間の中で

いかに内容濃く伝えられるか。

さらには講義の後に質疑応答の時間も取っていたので

そこではアドリブも必要になってきます。

くじ引きで発表者が決まるまでは

大半がドキドキしてたんじゃないかと…。

Sっ気の強い私としては

その姿を他人事として見てるのが楽しく

さらにくじを引いて発表する高揚感^^



4人に発表してもらったのですが

それぞれなかなかの内容で

その後の質疑応答にもしっかり対応できてました。

実際はもう少し期待していたのですが…。



くじで当たらず発表しなかった人は

人前で緊張することをせずほっとした反面

せっかく考えてきたのだから

ホントは披露したかったという気持ちもあったのでは?!

ある程度の緊張を予測していたでしょうから

それなりの内容を考えてきていたと思うんです。

苦労もしただろうし

勉強もしただろうし…。

そこにはやはり人の自己顕示があるので

講義内容を考えながらも

発表する自分自身の姿を想像したと思うんです。


講義をした人でもしなかった人でも

今回のような経験は

講義を開催する側の苦労を知ることが出来たので

今後講義を受ける姿勢が変わってくるんじゃないかと思います。





逆にくじに当たって発表した人は

緊張もあったでしょう。

でも終わってみると周りからの拍手もあり

緊張からも開放され

まさしく「五月晴れ」のような感覚だったのでは?




テーマ:社長のブログ - ジャンル:ビジネス

世代を超えた企業
先週のスタッフブログのテーマ=『世代を越えて』

スタッフブログ
自立援助協会
しんがくどう(宮崎)
しんがくどう(福岡東)

webページ
自立援助協会しんがくどう





私の一番の目標は100年企業。

そのためには世代を超えて

社会から支持され続ける必要があります。

そのためには時代に合った供給が必要であり

その他にも必要なものはあります。

供給できる環境作り。

ニーズを読み取る力。

思考の柔軟性。

管理体制など。

そして抽象的なこれらを具体化する力。

簡単じゃないことは分かっています。

そして私一人で成し遂げられないことも…。

だから今しっかりとその基礎を作らないといけないし

そのためには今何をすべきか…。

在宅療養の代理店事業をやめたり

直営店を増やさないのはその理由の一つ。

銀行からもなぜ増やさないのか問われるけど

それはあまりにもリスキーだから。


在宅療養マッサージ事業は

相談員業務の管理体制を変更したりして

基礎をまだまだしっかりと作っていきます。

逆に障害児療育はまだまだこれからで

福岡を起点として直営で店舗を増やしていきます。



みやとの100年企業を達成したとき

確実にこの世にはいないので

自身の目で確かめることができないですが

現役でいる間はいくつになっても基礎づくりに徹して

自信は持って継承はしたいと思っています。